斉藤たかあき栃木県議会議員オフシャルサイト
 



 
 
 



 県政の主な財源は、みなさんの税金です。その使途について徹底したチェックで、メリハリを効かせながら身の丈に合ったムダのない財源を堅持します。


 時代は刻々を変化し続けます。かつて定められた制度(法律・条令)や政策推進のための仕組みも、現在はもちろん将来的なニーズにいち早く対応させなければなりません。災害対策等も同様に、あらゆる分野において、解決に向けたヒントは現場にあります。新たなルールづくりも含め『思い立ったら、まず行動!』の現場主義を徹底し、いち早く政策立案に反映させます。





 突発的な事案にも迅速に対応するために、全国に先駆け導入された「通年議会」。政策分野ごとの審判を行う常任委員会でも従来の議案審議に加え、それぞれ『特定テーマ』を導入・設立し執行部への提案を行っています。議員資質と政策立案機能の向上を見据えた改革は、たえず続けていかねばなりません。これらの新たな取組や議員定数等についても定期的に検証し、不断の改革を続けてまいります。  


 議会の政策形成機能の強化、独自の情報発信機能の向上、より厳しい政治倫理の確立等、さらなる議会改革の推進とその根拠となる同条例の制度を目指します。  

 







絶えず変化し続ける時代のニーズを的確にとらえ「子育て・教育」や「医療・介護・福祉」の分野に重点を置き、いつでも安心して暮らせる栃木の“地域づくり”を目指します。

 

豪雨や竜巻・大雪等の頻発する自然災害をはじめ交通安全や多様化する犯罪(詐欺・薬物等)への対策に万全を期し、さらなる防災・防犯意識や地域力の向上を目指します。同時に生活環境やインフラ整備の地域間格差を解消し、どの地域に住んでいても快適で住みやすい“安全・安心”な栃木を目指します。  



農林水産業+6次産業化等により栃木の強みを結集し、栃木が誇る豊富な資源=魅力をさらに磨き上げ、国内外に大いに売り込み発信していくためのブランド向上や観光誘客・地域活性化戦略を強化。さらにその力強い後ろ盾となる産業の定着・活性化と地元中小企業による新たな市場開開拓・創造を支援。同時に若者やシニア世代の就労支援と現役世代の雇用の確保・安定の両立を図り、豊かさを実感できる栃木を目指します  



豊かな自然と共生し続ける地域間の調和のとれた発展、これからの時代にふさわしい持続可能な県土整備が求められています。 特に公共交通にあり方をはじめとする交通政策や市街地再開発などについては幅広い住民ニーズや合意形成のプロセスを尊重しつつ、地域間バランスと環境保全にも配慮し、多くの県民が移動や流通・物流の利便性と自然に囲まれた心地よさを実感できる栃木を目指します。



 
 
HOME  |  プロフィール  |  活動報告  |  BLOG  |  LINK  
Copyright(C) TakaakiSaito Officalwebsite