「田原西小学校地域」再発見!

◇私がPTA会長をお引き受けしたのが、ちょうど東日本大震災直後からの2年間。あの頃、特に、児童の安全確保の重要性が再認識され、先生方やPTAに加え、地域ぐるみでのご協力をいただきながら早10年が経とうとしている。

宇都宮市立田原西小学校
http://www.ueis.ed.jp/school/tawara-w/index.php?action=pages_view_main&pcviewer_flag=1&nc_session=nv1i3gud3cj7gl5il4pt5k65p7&fbclid=IwAR0Y_x934gN154vhggfz6T7wDmr-0ThBGhHnxVoU87Zjo0QZw_DT3ENE0Lo

◇私が田原中学校のPTA会長を卒業した一昨年の春から、現在は、田原西小学校の「魅力ある学校づくり地域協議会」で会長をお引き受けすることに。まだまだ道半ば…

◇山あり川あり、そして田畑あり。見渡す限りの豊かな自然の中に、昔ながらの集落(立伏/りゅうぶく・叶谷/かのうや)と大規模団地(グリーンタウン・太陽ヶ丘)。PTAや子ども会のみなさんにご協力いただきながら(感謝!(-人-))この日は「安全マップ」の総仕上げ点検へ。

◇単に交通安全だけでなく、豪雨や台風などによる道路冠水や土砂崩れ、そしてイノシシなどの野生鳥獣… 改めて警戒しなければならない身近なリスクは、年々増している…

◇点検の道中、ずっと気になっていた「栃木県指定天然記念物 立伏のツバキ」を初めて間近に。なんと!推定樹齢450年… ちょうど今、放映されている大河ドラマ『麒麟がくる』頃、数多の戦国武将が群雄割拠していた、あの時代に当たるのか… 生命の神秘と悠久の時空に思いを馳せた束の間、まるでタイムスリップでもしてしまったかのような、何とも不思議な感覚に… 普段、往来している県道から、ごく傍にあっても、しばし畦畔を分け入らなければ辿り着けない。

◇何年か前に、あの『前九年の役』や『後三年の役』の折、源頼義・義家(八幡太郎で名高い)父子が大軍を率いて往来したという古道『義家街道』も、この地に存在していたと伝承されていることを知った。

斉藤たかあき公式Blog
【宇都宮市PTA連合会≪Eブロック研修会≫へ!】2013年12月14日(土)
https://takasaito.blog.fc2.com/blog-entry-582.html

◇旧河内町が、宇都宮市や旧上河内町と合併を果たしてから、すでに14年目。私も、この河内地区 田原地域に住んで20数年が過ぎたけど、まだ聞いたことのない地域の伝承や、まだ見たことのない先人たちの足跡は、まだまだ調べる程に、たくさんあるのだろう… 子どもたちに伝えなければならないこと、まず私たちがもっと学ばなければ。

とちぎの文化財【立伏のツバキ】
http://www.tochigi-edu.ed.jp/center/bunkazai/2343044.htm

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

秋の夕暮れ…