豚熱(CSF)に係る防疫対策等<対知事要望>申し入れ!

◇去る17日、那須塩原市の2農場において患畜が確認され、現在もなお県職員をはじめ諸団体の昼夜を分かたぬ協力を得ながら、殺処分・埋却等が行われている。過酷な状況下における関係各位のご対応ご尽力に、改めて敬意を表します。(進捗等 ⇒ 豚熱(CSF)の発生に関する情報|栃木県 https://www.pref.tochigi.lg.jp/g06/hpai/csf.html

◇改めて、公式サイトにもあるように「豚熱は豚及びイノシシにのみ感染する病気であり、人に感染することはありません。感染豚の肉が市場に出回ることはありませんし、仮に豚熱に感染した豚の肉や内臓を食べても、人体に影響はありません。」という正しい理解による対応を、私たちの立場からも発信しておきたい。

◇現在、発生確認から約2週間が経過し、知事からは国へ、地元市長からは知事へ、それぞれ要望も行われているが、私たち会派としても、なお特段の配慮が必要と思われる8項目について、本日30日、知事(応対は岡本副知事)に申し入れを行った。

豚熱ワクチンなど8項目要望 知事と農相会談 栃木県、野生イノシシ感染も|社会,政治行政|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/442839

養豚農家の支援、知事に求める 豚熱で那須塩原市長|政治行政,地域の話題,社会|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/442840

豚熱発生の農場 知事が現地調査 感染確認から9日、殺処分5割超|県内主要,社会,政治行政|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/445333

◇今後も引き続き事態の推移を注視しながら、特に現地・現場の実態や声を重視し、必要な行動に取り組んでいく。

豚熱(CSF)に係る防疫対策等<対知事要望>申し入れ!①

豚熱(CSF)に係る防疫対策等<対知事要望>申し入れ!②

豚熱(CSF)に係る防疫対策等<対知事要望>申し入れ!③

豚熱(CSF)に係る防疫対策等<対知事要望>申し入れ!④

豚熱(CSF)に係る防疫対策等<対知事要望>申し入れ!⑤

豚熱(CSF)に係る防疫対策等<対知事要望>申し入れ!⑥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です